自分好みの1本を探す

53 カリフォルニアコモン(スチームビール)

カリフォルニアコモン(スチームビール)

アメリカ 下面発酵

タンブラー 8℃〜9℃

ゴールドラッシュ時代にカリフォルニアで生まれた。

ラガー酵母を常温で発行させたビール。いわゆるハイブリッド。

開栓する時に蒸気のように噴出したことからスチームビールと呼ばれた。

ラガーとエールの良いとこ取りって感じで、スッキリ飲みやすいのにフルーティなフレーバーが楽しめる。

スチームビールが初めて売り出されたのは1851年。当時は大人気で全米に広がった。

禁酒法やらなんやらで1965年にはスチームビールを造っていたのはアンカーブルーイング1社しか残ってなくてしかも倒産寸前だったが、フリッツ・メイタグにより復活。大手に負けないほどの人気メーカーに成長する。

現在アメリカはクラフトビールブームでとんでもない数のマイクロブルワリーが存在するがアンカー社はその始祖と言える存在。スチームビールは今でもアンカー社のメインブランドだ。

近年のクラフトビール界は既存のスタイルに当てはまらない新たなスタイルのビールも生み出しているが、どれも基本となるスタイルはイギリスなど海外が発祥だ。しかしこのスチームビールは完全にアメリカオリジナル。アメリカのビールスタイルの中でも唯一の純粋なアメリカ生まれのスタイルだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。