自分好みの1本を探す

20 ベルジャンペールストロングエール

ベルジャンペールストロングエール

ベルギー 上面発酵

チューリップ型 10℃〜13℃

ゴールデンエールと呼ばれることも多いこのスタイルは日本で手に入るベルギービールでも有名で人気の高い銘柄も多く、ビールファンには馴染み深い。

デュベルやデリリウム・トレメンス、ギロチンなどベルギー好きなら名前は聞いたことがある、もしくはすでに飲んでいるかと思う。

瓶内二次発酵を行い造られる為きめ細かい泡立ち、フルーティな香味になることが多い。

アルコールが高い割に飲みやすいので危険な名前の銘柄(デュベル【悪魔】、ギロチンなど)もある。

瓶内二次発酵の為のプライミングシュガー(酵母に食わせる為に加える糖)が白いキャンディーシュガーなのでゴールドになる。ダークキャンディーシュガーだとダークストロングエール。

調べる限りベルジャンスタイルトリプルとの明確な違いは無いようだ。ベルギーのこういった感じのビールの内、修道院で造っていればトラピストでそれを踏襲していればアビィ。その2つをまとめてベルジャンスタイルトリプル。アビィではない、踏襲しているわけではないこういった感じのビールはベルジャンペールストロングエール。ってことでいいのかな。難しい。

・デュベル・トリプルホップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。