自分好みの1本を探す

ベルギー

個性的なビールの宝庫

ベルギーは個性的なビールの宝庫。日本人にもベルギービールは馴染みが深くホワイトエールやトラピストビールのイメージが強いと思う。

ベルギーの人々のビールへのこだわりは強く、1000種類を超えると言われるビールのその1つ1つに専用のグラス、専用のコースターがある。

ベルギーは緯度が高くワインに必要なぶどうを育てるには不向きなため、ビール造りが盛んだった。19世紀まではビールは自然発酵で造られていたわけだが、ベルギーは自然発酵に必要な条件が揃っていた。ドイツの純粋令のようなものは無かったので、小麦やハーブやスパイス、フルーツなど様々な物を使ってビール造りが行われ個性的なビールが多種多様に造られるようになった。

ベルギーでビールを造り始めたのは修道院とされている。今でも修道院で伝統的な製法のビールが造り続けられていて、トラピスト会の修道院で造られていて条件を満たしたものは「トラピストビール」と呼ばれ世界中のビールファンに親しまれている。2020年現在12の修道院でトラピストビールが造られているが、内6つの修道院はベルギーにあり長いビール造りの伝統を持つ。

ベルギーだけで造られているビールでランビックという自然発酵で造られるビールがある。自然発酵酵母は自然界のあらゆる場所に存在するが、その土地によって住む酵母の種類が違うため、ランビックはブリュッセル近郊のレンベークだけで造られている。

個性的なビールだらけのベルギーでは有るが、現代ではビールの消費の70%はピルスナーだったりする。

自然発酵

1 ランビック

2 グーズ

3 ファロ

4 フルーツランビック

上面発酵

20 ベルジャンペールストロングエール

21 ベルジャンスタイルホワイトエール

22 ベルジャンスタイルトリプル

23 フランダースレッドエール

24 フランダースブラウンエール

25 ベルジャンダークストロングエール

26 ベルジャンスタイルダブル

27 セゾン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。