自分好みの1本を探す

リーフマンス グーデンバンド

  • 極私的評価
4.4

開栓した瞬間はモルトのカラメルアロマを感じるが、すぐにどこかに消えて行ってしまう。ダークチェリーのようなアロマとほんの少しパンのようなモルトのアロマ。

口に含むと上品でフルーティーな酸味。チェリーを思わせるが、まるでワインのような渋味も感じるし、ミネラル感の様なものも感じる。他のビールにはなかなか無いフレーバー。

ワインの様なフレーバーがあるのでフランダースレッドよりさらにワイン寄りかと思いきや、逆にビール寄りな印象。

フランダースレッドには無い、わずかなモルトの香りがビールで有ることを主張している。

フレーバーの余韻にわずかにモルトが感じられる。レベルとしてはローレベルだが、それに反して印象としては強い。無意識にレッドと比較してしまうからだろうか。そうでなくてもこのビールの特徴としては外せない部分だ。

アルコール8%でけっこう後からくる。ハイアルコールの割には甘味を感じない。酸味などの他の要素で感じ難くなっているのだろうか。

チーズなかなか良い。

フランダースレッドよりはペアリングは限定されそうだが、酸味と渋味を持ち合わせるビールはなかなか稀有な存在なので、きっと面白いことが出来そうだ。

何かしら旨味にアプローチしたペアリングをしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。