自分好みの1本を探す

ロシュフォール6

  • 極私的評価
4

香りはモルトの軽いカラメル香とフルーティーな梨やリンゴの様な香り。トラピストにしては香り自体やや軽い。

飲むと軽やかさに驚く。香りと同じ印象の、軽いカラメル感とフルーティーな味わい。テクスチャーも軽くボディはライトミドル程度。炭酸も程良く強めで、とても7.5%のトラピストビールを飲んでいるとは思えないほど軽い。

何も知らずに飲んでたら、ベルギーの濃色系ビールにしては軽いなーくらいにしか思わなかったと思うけど、以前飲んだロシュフォール8のちょっと濃いキャラクターと、6がロシュフォールの生産量のうち1%しか作られていない希少品だという事を踏まえて味わってみると、ライトなキャラクターもかえって趣深く感じてしまう。

苦さもほとんど無く甘さも控えめなので、甘さ控えめのドライフルーツ等と。干し柿も良い。チーズには少し負けてしまうかもしれない。

保管が悪かったのか、開栓時に盛大に吹きこぼれてしまった。オフフレーバーは感じなかったが、何かしら劣化していなければ良いのだけれど。香りのキャラクターが全体に弱かったのが本来のキャラクターであれば良いのだけども、もし僕が何か失敗していてそれが原因ならば非常に遺憾。6は希少品だけに。また6を手に入れて、検証したい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。