自分好みの1本を探す

オーストリア

クラフトビールでウインナースタイルが人気

オーストリアは2018年のビールの国民一人あたりの年間消費量が107リットルで第2位である。ドイツが101リットルで3位。1位はチェコの191リットル。

オーストリアはワインの国でもあるが、ビールもよく飲む。

ドイツのバイエルン地方のようにビアガーデン文化があり、5月になると広場にはテーブルが並べられ皆でビールを楽しむ。

オーストリア発祥のヴィエナは実はオーストリア国内ではあまり人気が無く、国外で発展を遂げてきた。

メキシコでは定番のスタイルとなって親しまれており、それがアメリカに渡り、現在クラフトビールのスタイルとして人気を博している。ニューヨク発のクラフトビールで人気の高い「ブルックリンラガー」はヴィエナを元に開発されている。

海外での人気もあり、最近ではオーストリア国内でもヴィエナが生産され飲まれているようだ。

オーストリアでは他にピルスナーやメルツェン、ヴァイツェンも親しまれているようだ。

下面発酵

40 ヴィエナ(ウィンナーラガー)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。