自分好みの1本を探す

ローデンバッハ グランクリュ

  • 極私的評価
4.6

フランダースレッドエールの代表格ローデンバッハ。その中でもファンの評価も高い上級品グランクリュ。

クラシックは若いビール3/4と熟成したビール1/4で作るが、グランクリュは若いビール1/3と熟成したビール2/3で作る。

飲み比べるとわかるが、熟成するにしたがって意外とスッキリしていく。ヴィンテージが1番スッキリしている。

そして1番バランスが良いと言われているのがグランクリュ。

スッキリした酸味と甘さでありながら、奥から複雑性も顔をのぞかせる。

味わい深く飲み飽きない。

食事にも合わせやすくチーズなどに合わせても抜群だし、単独でも楽しめる。

香りはダークチェリーがメインでベリーの様なキャラクターもある。爽やかな酸味を感じさせる香りと甘い香りもあり、口に含むと香りと同様の味わいが口いっぱいに広がっていく。

個人的にはクラシックの方が初心者が飲みやすく、グランクリュの方がビールに慣れた人向けかと思う。

クラシックの方がフルーティーで初心者には飲みやすいと思う。グランクリュでも物足りなくなったら今度はフランダースブラウンエールの出番という感じだろうか。

だが食前酒やチーズに合わせるという事ならグランクリュが1番向いていると思う。

チーズはブルーチーズなど、少しクセのある方が合うようだ。

適温は6〜10度。僕はどんなビールでも少し高めの温度で甘さを引き出して飲むのが好きだが、グランクリュは甘さが主張しだす前に、冷えているうちに飲んでしまう方が良さそうだ。温度が上がって甘さが出て来ると少し甘みがくどく感じられて、せっかくの素晴らしいバランスがくずれてしまう。爽やかさが感じられるうちに飲み切りたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。