自分好みの1本を探す

ドイツ

歴史深いビール大国

ビールと言えばドイツを思い浮かべる人も多いと思うが、そのイメージ通り、ドイツ人はビールを飲みまくっている。2018年の国民一人あたりのビール消費量は年間約101リットルで世界第3位である。ちなみに日本は40リットルで50位。(1位はチェコで191リットル、2位はオーストリア107リットル)

ドイツはビールの歴史にも度々大きな変化をもたらしており、ホップを使い出したのもドイツとされているし(それまでは色んなハーブ類を使っていた)下面発酵のビールを作り出したのもドイツだ。

下面発酵酵母をチェコに持っていってピルスナーを造ったのもドイツ人の醸造士だし、それをドイツに持って帰ってジャーマンピルスナーに改良し、世界中をピルスナーで席巻したのもドイツだ。

ドイツがビールで世界に与えた影響は大きい。

今や世界中で行われているビアフェスティバル、オクトーバーフェストもドイツのお祭りだ。

オクトーバーフェストはミュンヘンで行われている世界最大規模のビールの祭典だ。もともとは王の結婚を祝う祭典だったそうだが、その時の出し物の競馬が人気で毎年開催されるようになり、いつしかビール屋台が立ち並ぶ祭りとなっていったそうだ。

日本では開催時期は今やもうめちゃくちゃだが、ドイツでは原則10月の第一日曜日が最終日になるように16日間の開催で行われる。

この祭りに出店出来る醸造所はミュンヘン市内の6つの醸造所だけと決められている。その醸造所で造られたオクトーバーフェストビールはこの祭り専用の1リットルのジョッキで提供される。1リットルって・・・

ドイツと言えばもう一つ「ビール純粋令」が有名だが、初めて発令されたのは1516年。500年も前だ。

比較的気温が高いドイツ南部は品質の低いビールも少なくなく、ニュルンベルグでは1300年頃に大麦以外で作ってはならないという規制がされた。その後1487年にミュンヘンでビールの原料は大麦、ホップ、水のみと決められ、これが全バイエルン州に拡大されたのが1516年の「ビール純粋令」である。なおドイツ全土に適用されたのは1916年である。

上面発酵

28 ケルシュ

29 ベルリーナヴァイセ

30 アルト

31 クリスタルヴァイツェン

32 ヘーフェヴァイツェン

33 デュンケルヴァイツェン

34 ヴァイツェンボック

下面発酵

41 ジャーマンピルスナー

42 ドルトムンダー

43 メルツェン

44 ミュンヘナーデュンケル

45 トラディショナルボック

46 ヘレスボック(マイボック)

47 ドッペルボック

48 アイスボック

49 ジャーマンスタイルシュバルツ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。